予定数に達したため、本キャンペーンは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

HELLO AGAINみんなのエピソード

熊田曜子さん_写真01

熊田曜子さん

タレント。三人の娘を持つ母として、育児と仕事を両立。テレビや雑誌など幅広く活躍中。大のキティファンとしても知られ、キティとのコラボ商品をリリースしたことも。ハローキティ45周年のアニバーサリーイベントを開催した際も、お祝いに駆けつけてくださいました。

熊田曜子さん_写真02

初めてハローキティに出会った時の思い出や印象的なエピソードを教えてください。

もともと私の母がファンだったので、物心がつく頃には家の中にたくさんのキティグッズがあったんです。私自身も大のキティちゃん好きに育ち、小学校の給食用ナプキンからリュックや水筒、文房具など、生活の至るところにキティちゃんがいました。

大人になっても、変わることなく大好きなまま。車の免許を取った時に最初に助手席に乗せたのはキティちゃんの大きなぬいぐるみだったし、カバンひとつで上京した時に中に入っていたのもキティちゃん(笑)。親になった今では、娘たちと一緒にキティちゃんのグッズを愛用しています。こうして人生のどの時期にも必ずキティちゃんが隣にいたので、一緒に育ってきたという感覚がありますね。

ハローキティのどんな点に魅力を感じますか?

キティちゃんは、すべてが可愛い(笑)! どんな格好をしても似合っちゃうところがすごいと思います。そしてキティちゃんって、私が楽しい時は一緒に楽しんでいるように、寂しい時は一緒に寂しがってくれているように思えるんですよね。表情豊かではないですが、その分感情を投影できるというか。いつも自分に共感してくれる同士みたいな存在だと、勝手に感じています。

熊田曜子さん_写真03

HELLO AGAINのプロジェクトを知り、どのように感じましたか?

キティちゃんを通じて、人と人が繋がっていく、というアイディアがすごく素敵だと思いました。世代を超えて愛され続けるキャラクターだからこそ可能になる、とても幸せなプロジェクトですよね。

今回私も参加させていただいたのですが、贈る相手として真っ先に思い浮かんだのが母でした。「いつも孫と遊んでくれてありがとう。また一緒にピューロランドに行こうね」とメッセージを添えて贈ったので、母には“自分だけの特別なキティちゃん”のように感じられたよう。届いたその日に、「ありがとう、すごく嬉しい!」と連絡をくれました。

今もよく母が家に来て子供の面倒を見てくれているけれど、日頃なかなか心を込めてお礼を言う機会がなかったんですよね。今回はメッセージという形だったので、照れずに感謝の気持ちを伝えることができた気がします。

その後、母は兄の子供に贈り、そこから義姉の実家に……と順調にバトンが渡っているようです。これからどこまで繋がっていくのか、想像するとワクワクしちゃいます(笑)!

HELLO AGAINに興味をお持ちの方へメッセージをお願いします。

可愛らしいキティちゃんと一緒に贈ることで、普段なら照れくさくて言えないようなこともスムーズに言えるはず。ぜひHELLO AGAINプロジェクトに参加して、大切な人に感謝の気持ちを贈ってあげてください。

誰に贈ろうかと考える時間も楽しいと思いますし、周りの人に対する“ありがとう”の気持ちを見直すきっかけにもなると思います。